お問い合わせはこちら

0995-63-2589

0995-62-3766

昆布の種類

海の恵みを凝縮した
自然な味づくりに
こだわっています。
昆布漁の様子
1
昆布採取
日の出とともに2 人乗りの
小さい舟で出漁します。
2
昆布採取
昆布漁特有の棹を使って海中の
昆布を舟に揚げます。
3
昆布天日乾燥
水揚げした昆布を小石を敷き詰めた
「干場」で1枚1枚広げて干します。
4
昆布天日乾燥
水揚げした昆布を小石を敷き詰めた
「干場」で1枚1枚広げて干します。
5
昆布機械乾燥
産地によっては、乾燥室で乾燥
させる昆布もあります。
昆布を吊るして乾燥させます。
6
昆布結束
干し上がった昆布を計量して
結束して製品化されます。
その後等級検査を受けて
出荷されます。
昆布の種類
真昆布
(まこんぶ)
特徴
褐色で肉が厚く幅が広い。昆布の最高級品。切り口で「白口」と「黒口」がある。
ごく上品な甘味をもち、味の面でも昆布の王者。
主な用途
高級だし(上品な甘味とコク、まろやかな澄んだダシ)
羅臼昆布
(らうすこんぶ)
特徴
茶褐色で羅臼オニコンブの別称があり、真昆布と同格扱いされる。
真昆布に勝るとも劣らない。味の評価が高い。
主な用途
高級だし(薄い黄色、濃厚な風味で香り高く、甘味があるダシ)おやつ昆布
利尻昆布
(りしりこんぶ)
特徴
黒褐色で真昆布より固い感じがするが、真昆布に次ぐ高級品。
アイヌ語でルルサシ、ルルキナ(だしのでる)と言われるほどの味。
主な用途
高級だし(薄い塩味の澄んだダシ)
日高昆布・三石昆布
(ひだかこんぶ・みついしこんぶ)
特徴
緑に黒味がかった色で、早く煮えるため煮物にピッタリ。
利尻昆布より甘味は薄いが、一般的な味が親しまれる。
主な用途
煮て食べる・だしをとるの両用(だし・昆布巻き・佃煮・おでん)
長昆布
(ながこんぶ)
特徴
色は灰色を帯びた黒色。厚葉昆布も中間。だしには向かないが、煮ると柔らかくなる。
甘味は薄いが、肉厚の物は味も良く、三石昆布を代用する。
主な用途
煮て食べる(昆布巻き・佃煮・おでん)
ガゴメ昆布
(がごめこんぶ)
特徴
黒色で肉厚、表面がでこぼこしている。
甘味が強く、最もとろろ分がある。
主な用途
松前漬
お気軽にお問い合わせください。